作品名:蒔絵瓢形花入 まきえひさごがたはないれ


作者・時代:江戸時代(18世紀)

認定・受賞・他:古備前

収蔵場所:藤原啓記念館

江戸時代になると、それまでの荒々しい造形は姿を消し、薄手で端正な落ち着いた作行きへと変化していきます。なかには、こちら花入のように華麗な蒔絵を施した作品まで現れ、時代が下るにつれて技巧的な作品が好まれるようになります。