作品名:反鉢 そりばち


作者・時代:桃山時代(16~17世紀)

認定・受賞・他:古備前

収蔵場所:藤原啓記念館

桃山時代の茶道具は、茶人からの注文を受け作られました。茶人は、二つとないオリジナリティのある作品を求めます。 陶工は、「緋襷」や「牡丹餅」といった備前焼独特の技法や、ゆがみを加えた不均一な造形、線彫りや装飾としての「耳」など、様々な作意を施すことで、茶人の注文に見事に答えました。これら桃山時代の茶道具からは、当時の人々の溢れるばかりの芸術意欲とエネルギーを感じとることができます。