次回企画展のご案内

青展―人間国宝の青-2020.7.25~2020.12.27

青展―人間国宝の青-2020.7.25~2020.12.27

人類が長きにわたり発展させてきた美術史の文脈において、「青」という概念は数ある色彩の中でも、ひときわ希少性や神秘性を孕んでいます。

特にやきものをはじめとする工芸の世界では、約4千6百年前から、天空へのあこがれあるいは生命を表す水の象徴として、宝石や希少鉱石などの貴重な素材を惜しみなくその表現に費やしてきました。

本展覧会ではそうした工芸美術における「青」の表現を、日本の著名な人間国宝作家の作品群を通してご鑑賞頂くことによって、芸術家たちが追い求めてきた憧憬の歴史に、ふかく想いを馳せて頂ければと存じます。